抜け毛・薄毛は薬で治す|女性専用の育毛剤で髪の毛がソッコー元気になる

女性専用の育毛剤で髪の毛がソッコー元気になる

紳士

抜け毛・薄毛は薬で治す

悩む人

効果は医学的に実証済み

アルファベットの頭文字をとってAGAとも呼ばれる男性型脱毛症は、思春期以降の男性に特有の症状です。主に頭頂部や額の生え際の毛髪が抜け始め、薄毛状態となります。対策を取らないと確実に進行し、いずれは禿頭に至るという特徴があります。男性型脱毛症対策としては、以前は生薬成分などを配合した育毛剤に頼るほかはありませんでした。しかし現在では効果が医学的に実証された医薬品が入手できるようになっており、より確実な抜け毛・薄毛対策につながるとして人気を呼んでいます。そうした医薬品の1つが、フィナステリドです。フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として用いられていましたが、その後毛髪の成長にも効能があることが分かり、プロペシアという製品名で正式に発売されました。

根気よく続けるのがカギ

プロペシアの主成分であるフィナステリドには、体内に存在する5-αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があります。この酵素はジヒドテストステロンという、男性型脱毛症の原因物質の発生に深い関わりを持っています。フィナステリドはこの物質の発生を抑制することで、抜け毛を防ぎ、毛髪が健康に成長するのを助けます。プロペシアは日本では国の承認薬として2005年から発売が開始されています。皮膚科等のクリニックで処方箋を作成してもらうことで入手できます。薬効には個人差がありますが、1日1回の服用を最低でも6か月以上続けることで効果が発現するとされています。国の試験では、プロペシアの使用を1年間継続した場合には約58%、2年間継続した場合には約68%の被験者に改善効果が認められています。